女性にとって脱毛はとても深刻な悩みでもあり、ムダ毛のないツルスベ素肌は憧れです。

以前に比べて脱毛をする女性が増えていますし、サロンやクリニックも続々と店舗数を増やしています。

こういった脱毛をするところは、大きく分けて「サロン脱毛」と「医療脱毛」に分けられますが、この2つの違いって知っていますか?

脱毛をする際には、脱毛方法の違いやメリット・デメリットをしっかりと理解して自分に合った脱毛方法を見つけるのが大切です。

今回この記事ではこの2つの脱毛と、その他にも存在している脱毛の種類と特徴、メリット・デメリットについて詳しく解説していきますのでぜひ、参考にしてくださいね。

 

脱毛サロンの光脱毛

光脱毛とは脱毛サロンで行っている施術で取り入れている脱毛方法で、照射中の光がフラッシュライトに似ていることからフラッシュ脱毛という呼び方もされています。

脱毛サロンで行う光脱毛は医師などの資格を持つ必要がないため、施術はエステティシャンが行います。

また、光脱毛では永久脱毛ではなく「不再生脱毛」という限りなくムダ毛が生えてこなくなるように行う施術となります。

この脱毛を行う時には現在

 

「IPL」

「S.C.C」

「SHR」

 

この3種類の脱毛器があり、この脱毛器を使用して毛根にダメージを与えていくのですが、どのような違いがあるのかを、それぞれメリットと一緒に解説していきます。

 

IPL脱毛

IPL脱毛はインテンス・パルス・ライトを使用した脱毛方法で、光の熱で毛根にダメージを与えていきます。

その際の光(キセノンランプ)はメラニン色素に反応をするため、産毛のように色素の薄い毛には、反応が弱くなり効果も薄くなってしまいます。

どちらかと言うと、太く濃い毛質のケアに向いているので、部位としてはワキやスネなどには効果を発揮します。

照射のパワーが強く、光を拡散しながら照射するので施術にかかる時間も短いのが特徴です。

脱毛効果の即効性が高く、施術後だいたい1週間~2週間程で毛が抜け落ちます。

IPL脱毛器は、フェイシャルエステで使用されていたものなので、シミや黒ずみが薄くなる効果も期待できるでしょう。

脱毛・美容効果どちらも両立できる素晴らしい脱毛器なのです!

 

S.C.C脱毛

S.C.C脱毛は、スムース・スキン・コントロールという正式名の略で、光とジェルを使用した相乗効果で脱毛を行う仕組みになっています。

このジェルの中には、植物由来成分が含まれているのでライトの温熱によって、毛穴から肌に浸透し美肌効果を得ることが出来ます。

IPL脱毛との違いは、直接毛根にダメージを与える訳ではなく、制毛成分をジェルによって肌に浸透させていくという点。

メラニンに反応するのではなくジェルに反応するので、産毛にも効果が出ますし、肌を痛めるリスクが少ないというのが特徴です。

S.C.C脱毛は即効性が低く、施術後に毛が抜け落ちるまでに2週間~3週間程かかり、脱毛完了までには2年前後が必要になります。

ジェルが冷たいという意見もよく聞きますが、施術の痛みとしてはIPL脱毛よりも軽いです。

 

SHR脱毛

SHR脱毛は、スーパー・ヘア・リムーバルの略で10秒間に約1,000本のムダ毛を同時に処理することができます!

最短30分で施術が出来るというハイスピードの脱毛方法です。

IPL脱毛やS.C.C脱毛のように毛根にダメージを与える方法とは違い、発毛の司令塔となる「バルジ領域」と「毛包」にダメージを与える方法になっています。

司令塔にダメージを与えられて弱ってくることで発毛の指令が出にくくなり、毛が生えてこなくなるという仕組みです。

また、IPL脱毛やS.C.C.脱毛のように黒い色に反応する訳ではなく毛包に反応するので、シミやホクロがあってもOK!日焼けをしてもOK!さらには産毛や白髪にもしっかりと効果を発揮します。

施術の痛みも少なく、毛根を刺激しない蓄熱式なので肌に温かみを感じる程度で済むと言われています。

デリケートゾーンなどは痛みが強いと聞きますが、SHR脱毛であればその心配もありません!

 

医療脱毛のレーザー脱毛

 

医療脱毛を行うところは医療機関なので、医者や看護師が施術を行います。

使用する脱毛器はレーザーで出力が高いため、医療機関のみで使用することが許されているのです。

医療機関なので痛みが我慢出来ない場合は麻酔を使うことも検討してもらえますし、肌に異常が出た場合もその場で治療をしてもらえるという安心感がありますね。

医療レーザー脱毛機器は大きく分けると「ダイオードレーザー」「アレキサンドライトレーザー」「ヤグレーザー」の3種類になります。

 

アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトレーザーは、レーザー脱毛器として日本で初めて導入された機器で、厚生労働省に認定されている安全性の高いレーザー機器となっています。

レーザーで照射する際に使用するのは冷却ガスで、照射するたびに冷却ガスを噴射をすることで、瞬時に脱毛部位を冷却するので施術の痛みが軽減されます。

大きな特徴としては美容効果があり、施術を繰り返すことで美肌になり、シミやくすみの改善が期待出来ること。

その他にも以下の特徴があります。

 

・短時間で広範囲を脱毛処理が出来る

・脱毛効果が高いため、照射回数が少なくて済む

 

また、アレキサンドライトレーザーはこの黒い色に反応するので、日焼けのしている方にはおススメ出来ません。

 

ダイオードレーザー

ダイオードレーザーはアレキサンドライトレーザーと違って、毛の色や太さ、肌の色には関係なく施術が出来ます。

毛周期に合わせて施術を行う仕組みで産毛にも効果を発揮。

これは他のレーザー器と比べて、とても高い出力で施術をするため短い時間で施術をすることが出来ますし、表皮や組織にダメージを与えないので脱毛部位を選ばず顔からVIOまで幅広くツルツルに出来ます。

脱毛の中ではNGとされることが多い「日焼け」や「シミやソバカス、ニキビなどの肌トラブル」がある方でも大丈夫!

むしろ脱毛することにより、毛穴が引き締まってキメの整った肌を手に入れられます。

痛みとしては、他のレーザーに比べて少ないと言われますが、ワキやVIOなどの太めの毛がある部位は多少痛みが強く感じることも。心配な時はテスト照射を行ってもらいましょう。

 

YAGレーザー

シミ取りやタトゥーの除去などの美肌治療に用いられることもある治療器で、人工の結晶を使ったレーザーです。

アレキサンドライトレーザーのように黒色に反応しにくく肌の奥まで浸透するので根本の深い毛に効果を発揮します。部位的には、根の深いヒゲ脱毛に向いています。

根の深い毛の脱毛に効果を発揮するので、他の脱毛方法で効果を感じることが出来なかった方などにはおススメの脱毛方法でしょう。

痛みとしては、アレキサンドライトレーザーと比べて強く感じる方が多く、痛みに敏感な方はしっかりと医師に相談しましょう。

YAGレーザーは脱毛する箇所をピンポイントで照射することが出来るので、デリケートゾーンの脱毛にも向いています。おまけに肌へのダメージが少ないので、VIOの黒ずみが気になる方にもおススメ!

 

ニードル脱毛

ニードル脱毛は、毛穴に絶縁針という針を刺して針の先端に電気を流して一つ一つの毛穴の毛根細胞を完全に破壊します。

そのため、その毛穴からは二度と毛は生えてこなくなります。この作業を繰り返していくには時間がかかりますが、熟練の技術が必要な施術と言えるため、効果は確実でしょう。

 

メリットは?

脱毛に通う時は光脱毛やレーザー脱毛のように、毛の量や体の大きさに関係なく部位によって料金が決められているのとは違い、時間制、本数制で料金が変わってくるので予算に合わせて脱毛に通うことが出来ると言えます。

ただ、毛が濃い・多い方は時間も抜く本数も多くなってしまうこともあるので注意してくださいね。

 

デメリットは?

掛かる費用が他の脱毛に比べて高くなりますし、痛みとしても毛穴に針を刺して電流を流すのでとてもとても強い痛みを感じます。

しかし、この痛みがあってこその「永久脱毛」なのです。完璧なツルすべ肌を目指す方は、覚悟を決めましょう。

 

どんな人に向いてるの?

ニードル脱毛は施術をした瞬間から毛が抜けていくので、以下のような急いで脱毛をしたい方にはおススメです。

 

・直ぐに効果を実感したい方

・他の脱毛のように「次の施術まで何か月も待てない!」

 

また、かなりの痛みなため、痛みに強い方でないと厳しいかもしれないですね。

 

ブラジリアンワックス脱毛

ブラジリアンワックス脱毛は、天然素材やオーガニック系の成分が入ったワックスを脱毛する部分に薄く塗り、専用のシートを貼って乾いた後に引きはがすという脱毛方法です。

欧米ではポピュラーなアンダーヘアの脱毛方法なのですが、日本ではまだメジャーなほうではないかもしれません。

 

メリットは?

腕や脚やワキはもちろん、顔の産毛も脱毛出来ますし、ごっそり抜けた後のツルツル感がクセになる方もいるようです。

また、シートを剥がす際に古い角質までもが取り除けるため肌が生まれ変わります。

デリケートゾーンのIラインなど見えにくい部分でも、シートをきちんと貼ることが出来ればキレイに脱毛が出来るでしょう。

剃り残しの心配もなく、脱毛後ツルツル感は2~3週間程、持続するのではじめての施術の日から己処理の回数が少なく楽になります。

 

デメリットは?

一度にシートを引きはがすので一瞬の痛みがあります。

ブラジリアンワックスはクリニックだけではなく、サロンでも取り扱われている施術方法です。

ブラジリアンワックスを行っていく場合、光脱毛やレーザー脱毛に比べてコストがかかってしまいます。

3週間に1度の頻度で3年間施術をすると仮定すると、10倍近くもコストに差が出てしまうので、予算の確認は必ずしておきましょう。

 

どんな人に向いてるの?

ブラジリアンワックスを使用すると、その場ですぐに綺麗なつるつる肌になることができます。

 

・急なイベントが入ってしまった

・処理する時間がない

こんな方にはとてもおすすめな手法です。ただ、ブラジリアンワックスは肌へのダメージのリスクが高いのでアフターケアは欠かさないようにしましょう。

 

自宅でする脱毛

自宅でする脱毛には、電気シェーバー・カミソリ・毛抜き・脱毛クリームやワックスなどが挙げられます。

ただ、これらのアイテムを使う場合は脱毛というよりは減毛・除毛・抑毛というものになります。

 

メリットは?

低価格で購入することが出来る、身近なアイテムで簡単に処理することが出来ます。

さらにサロンやクリニックとは違い、誰にも見られることなく自分のタイミングで、生えている毛を即座に無くすことが出来るでしょう。

 

デメリットは?

カミソリなどを使用する場合であれば、毛と共に肌の表面を削ってしまい、肌荒れの原因を作ってしまうこともあるでしょう。

そうなった場合、埋没毛を引き起こすことになる場合があります。

埋没毛を始めとした肌トラブルを防ぐためには、普段以上に保湿に気を使いしっかりと肌を保護することが大切になります。

 

どんな人に向いてるの?

・サロンに通うことが出来ない方

・積極的にサロンにはいかなくてもいいけどイベント前などには綺麗にしておきたい方

 

こんな方には自宅で気軽に出来るムダ毛処理がおススメといえるでしょう。

 

まとめ

脱毛は大きく分けて5種類の方法があるということを解説してきました。

脱毛方法によって、メリットとデメリットがそれぞれ違ってくるので、その両方をしっかりと理解した上で、自分に合った脱毛方法を試すことが大切です。

現在ではメジャーとなっている光脱毛やレーザー脱毛の他に、日本では50年の歴史があるニードル脱毛、まだまだメジャーにはなっていないブラジリアンワックスなど脱毛方法は選び放題!

脱毛をするのにはある程度の痛みと費用、そして日数が掛かりますので、今回の記事を参考にして自分に合った脱毛方法を見つけてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事