生理中の脱毛は肌トラブルの原因?!脱毛と生理との正しい向き合い方

脱毛は今ではサロンもクリニックも数が増えており、多くの女性が必要とし、通っていることがわかります。

 

とはいえサロンやクリニックに通っている方でも、脱毛に関して知らないこともまだまだあるはずです。

 

そんな中で、脱毛に通っている・脱毛をしたいと思っている女性の方が気になるのが「生理中に脱毛を行っていいのか」ということではないでしょうか。

 

タイトルにもある通り、生理中の脱毛は肌トラブルの原因にもなってしまい、きれいになりたくて通っている脱毛なのに効果が得られないということにも繋がってしまいます。

 

しかし、生理は生理現象ですし、いくら生理を避けてサロン・クリニックに通っていたとしても、タイミングがかぶってしまうこともあるでしょう。

 

では、脱毛に通う女性はどのようにして生理と向き合っていけばいいのでしょうか。

 

生理中は脱毛をしていいの?

冒頭で「生理中の脱毛は肌トラブルの原因になる」とお話ししたものの、生理中の施術ができないというわけではありません。

 

あくまでおすすめしないだけで生理中にも脱毛の施術を受けることは可能です。

 

ただ、サロン・クリニックによっては生理中の施術はお断りしているサロンも存在します。

 

またデリケートゾーン付近やVIO脱毛の場合は、血液が器具や備品に付いてしまい不衛生になってしまうなどの理由から、施術ができない店舗が多いのであらかじめ確認するようにしましょう。

 

「施術ができるなら、早く脱毛を終わりたいこともあるし、施術を受けたいんだけど……。」と思ったそこのあなた!ちょっと待ってください!

 

実は、脱毛と生理には深い繋がりがあるため、生理でも構わず施術を受けてしまうと満足の行く効果が得られないかもしれないのです。

 

生理中に脱毛をすることによるカラダへの影響

 

脱毛と生理の繋がりというのは簡単に言えば、女性の生理中・前後で変化するホルモンバランスによって、得られる効果や痛みなどに違いが出てくるということ。

 

つまり、施術中のことから私生活までに影響が出てしまう可能性があるのです。

 

1.肌トラブルが起こりやすい(治りにくい)

 

まず、大前提として脱毛は「痛くない」「肌に優しい」と掲げているサロンだったとしても、必ず肌へダメージを与えてしまいます。

 

生理でなくても、アフターケアをしたとしても、脱毛後に肌が荒れてしまう人もいるでしょう。

 

それなのに、ホルモンバランスが乱れて肌が弱っている生理の時に、脱毛を受けてしまったら、肌はダメージに耐えられなくなってしまいます。

 

ニキビなどの吹き出物ならまだしも、やけどをしてしまっては痕が残ってしまう可能性もあるでしょう。やけどまではいかずとも赤みが残ってしまうことも。

 

とはいえ、肌が荒れている状態ですので、お肌のトラブルは通常より治りも悪いです。

 

せっかく高いお金を出しているのですから、生理中に施術をしてしまったことが原因で肌が汚くなってしまっては本末転倒でしょう。

 

2.肌が敏感になり痛みを感じやすい

 

かなり昔までは、脱毛は痛いイメージがありました。しかし、今では痛いのは医療脱毛だけで、脱毛サロンではなるべく痛みがないように技術も機械も進化してきました。

 

とはいえ、肌が弱っている生理中に脱毛を受けてしまうと、通常では感じなかった痛みを感じやすくなってしまいます。

 

サロンの施術ならまだしも、痛みが強いとされるクリニックで施術を受けるとなれば、長時間痛みに耐えなくてはなりません。

 

3.脱毛効果を充分に得られない

 

生理中の脱毛は乾燥肌や敏感肌の影響で、痛みを感じやすくなりますが、これは照射パワーを下げることで解決することができます。

 

しかし、照射パワーを下げるということは、ムダ毛へのアプローチが弱まるということです。つまり、脱毛効果が弱まってしまうのです。

 

また生理中のホルモンバランスの乱れは、脱毛で大切になってくる毛周期にも影響を与えてしまい、周期がずれてしまうこともあります。

 

毛周期がずれてしまうと、脱毛にピッタリのタイミングもずれてしまい、脱毛効果が弱まるのです。

 

さらに、生理が重い女性の中には鎮痛剤を使用している方もいますよね。

 

実は生理の鎮痛剤は脱毛の際に、施術した箇所が色素沈着してしまうリスクが増えてしまい、逆に肌を汚くしてしまうことにもなりかねません。

 

実際に、鎮痛剤服用24時間以内は施術を禁止しているサロンもあるほど、鎮痛剤の影響は大きいのです。

 

月経周期ごとに見る脱毛とホルモンバランスの関係

 

生理時の施術は痛みや肌トラブルのもとになるため、非推奨なことはわかってもらえましたか?

 

それを踏まえた上で、ここでは脱毛のベストタイミングをお教えします。月経周期ごとのホルモンバランスを確認することで、脱毛に適している周期を知ることができるのです!

 

生理周期は基本的に排卵期・黄体期・月経期・卵胞期の4つに分けることができます。

 

それぞれを生理前・中・後に分けてお肌の状態やホルモンバランスについて見ていきましょう。

 

生理前(排卵期・黄体期)

 

生理前は排卵期・黄体期ともいい、黄体化・黄体ホルモンや卵胞ホルモン、プロゲステロンなどの分泌量が最も増える時期です。

 

このプロゲステロンは皮脂の分泌を活性化させる働きを持っているため、肌の油分が増えてしまい、ベタつきやすい周期となります。

 

また、ベタつき以外にも肌の抵抗力が弱まる時期ですので、肌トラブルも多い時期です。実際に、生理前は肌の調子が悪いと思っている女性も多いハズ。

 

この時期に脱毛を受ける場合は、日頃のケアや施術後のアフターケアに力を入れることで、お肌の炎症などを防ぐことができるでしょう。

 

生理中(月経期)

 

生理前と生理中は同じような状態ではありますが、月経期が最もホルモンバランスが乱れている時期です。

 

ホルモンバランスが安定しにくく、肌のコンディションも最悪。さらに血液も出ているため精神的な部分でも脱毛のおすすめはできません。

 

生理後(卵胞期)

 

生理後の卵胞期は卵胞ホルモンやエストロゲンなどが増える時期で、お肌の水分量も増えます。

 

エストロゲンには、肌を美しく保つ働きと肌のコンディションを整える働きをもっており、脱毛に適しているタイミングといえるでしょう。

 

肌が潤うことで、施術時に利用する光が浸透しやすく効果を得やすくなります。

 

卵胞期は生理が終わってから約1週間と短いですが、この時期が一番脱毛効果を得られて、肌トラブルも起きにくい周期ですので、この時期を狙って予約を入れるのがおすすめです!

 

もし施術当日に生理が来てしまったらどうするの?

 

ほとんどの場合、脱毛の予約日を決める際は生理周期にあわせて予定を決めますよね。しかし、生理現象ですので毎月同じ日に生理が来るとは限りません。

 

生理にかぶらないように予約をしたとしても、施術当日に生理が来てしまうこともあるでしょう。

 

施術当日に生理が来てしまったらすぐに電話をしよう

 

まず施術当日に生理が来てしまったら、すぐにあなたが通っているサロン・クリニックに電話をかけましょう。

 

脱毛サロンの場合は、スタッフもほとんど女性なので事情はわかってもらえるはずです。

 

電話では、生理が来てしまったことを伝え、施術をキャンセルしましょう。

 

 

やむを得ない場合にもキャンセル料がかかってしまうことも

 

サロン・クリニック問わず予約のキャンセル・当日キャンセルは料金が発生してしまう場合があります。

 

または施術回数の1回分を消化するという場合もあるでしょう。

 

サロンとクリニックどちらもペナルティの発生条件や、ペナルティの内容が変わってきます。

 

ですので、事前に通っている・通いたい店舗の情報を確認しておくと、生理が来た場合でも上手に対応できるはずです。

 

サロンとクリニックでの対処の違い

 

施術当日に生理が来てしまった場合、サロンとクリニックでは対処の仕方が大きく変わってきます。

 

まだ脱毛に通っていない人や、乗り換えを考えている方は是非、参考にしてみてください。

 

サロンの場合

 

先ほどもお話ししましたが、大抵の場合サロンでは感染症や肌トラブルを避けるためにVIO脱毛でない場合も施術不可になります。

 

また、キャンセルをする場合では当日キャンセルで1回分の消化の店舗が多いようです。

 

以下では、生理時に全身脱毛できない・VIO以外ならできる大手脱毛サロンに分けてペナルティをまとめたので、参考にしてくださいね。

 

■生理時全身脱毛できないサロン

ペナルティ発生条件 ペナルティ
キレイモ 当日にキャンセル 1回分の消化

脱毛ラボ

前日・当日にキャンセル
前日:1,000円
当日:1回分の消化
C3(シースリー) 予約時間の1分前以降にキャンセル 3,000円

 

■生理時VIO以外脱毛できるサロン

ペナルティ発生条件 ペナルティ
ミュゼプラチナム 当日にキャンセル 返金時に対象外
ストラッシュ 当日にキャンセル 1回分の消化
エステティックTBC 当日にキャンセル 3,000円
Dione(ディオーネ) 当日にキャンセル 1回分の消化
エピレ なし なし
ジェイエステティック 当日にキャンセル 1回分の消化
恋肌 当日にキャンセル 1回分の消化

 

クリニックの場合

サロンでは、脱毛ができたとしても生理時の施術はお断り・非推奨の場合が多いです。

 

しかしクリニックの場合は、医療機関ですのでトラブルが起きた場合には医療スタッフに対処してもらえたり、麻酔を使うなどして痛みをコントロールすることもできます。

 

以下では、生理時でも全身脱毛ができる・VIO、ヒップ以外ならできる大手クリニックとペナルティをまとめているので是非、参考にしてください!

 

■生理時でも全身脱毛ができるクリニック

ペナルティ発生条件 ペナルティ
レジーナクリニック 2日前の20時以降にキャンセル 1回分の消化

 

■生理時VIO・ヒップ以外脱毛できるクリニック

ペナルティ発生条件 ペナルティ
アリシアクリニック なし なし

 

とはいえ生理中の脱毛はリスクが高いことに変わりはないので、施術当日に生理が来てしまった場合は、予約の変更をおすすめします。

 

脱毛は生理周期を管理してベストタイミングで施術を受けよう!

脱毛サロンに通っている方はきっと最初に「生理時の施術はおすすめできません。」などの説明を受けているはずですが、きっと「どうしておすすめできないのか」を知らない方も多かったのではないでしょうか。

 

今回の記事を通して、脱毛の際の注意点などをしっかりと再確認していただけたらと思います。

 

きっと、多くの女性はムダ毛を処理して綺麗なお肌を手に入れたいと思っているハズ。そのためには、早く脱毛を終わらせたくても生理が終わるまで施術は我慢しましょう。

 

そしてなるべくなら、脱毛にベストタイミングの生理後に脱毛をするように心がけて、素敵なツルすべ肌を手に入れてください!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事