ムダ毛処理は女性の身だしなみの中でも特に大切。腕の産毛が生えっぱなしになっているのを見られてしまったり、服の袖口からワキの毛がひょこっとはみ出ていたりしたら恥ずかしいですよね?

基本的にムダ毛処理はサロンやクリニックでやってもらうか、自分でケアするかの2つの方法に分かれます。

もちろん脱毛のプロにお任せすると、仕上がりはとても綺麗になります。

ですが何度かサロンに通わなくてはいけなかったり、お金が掛かったりしてしまうのが難点。

多くの女性は自宅で「セルフ脱毛」を行いたいと考えているのではないでしょうか?

自分の家でも綺麗に脱毛がしたい!という人へ向けて、本記事では家でできる脱毛のしかたをご紹介していきます。

おすすめの方法ですので、ぜひ試してみてくださいね。

 

セルフ脱毛の特徴

まずはセルフ脱毛がどのような特徴を持っているのかを知る必要があります。

そこで、セルフ脱毛の特徴が分かりやすくなるように、メリットとデメリットをそれぞれいくつか挙げてみました。

 

セルフ脱毛のメリット

まずはセルフ脱毛を行うメリットを3点挙げていきます。

 

自宅で手軽に行える

通常エステサロンやクリニックに通う場合、ムダ毛が生えてこなくなるまで定期的に通い続ける必要があります。

その都度予定を空けるのは大変ですし、毎回脱毛のためにエステサロンやクリニックへ足を運ぶのは、それなりに大変なことですよね。

ですがセルフ脱毛であれば、自分がムダ毛のケアをしたいタイミングで自由にムダ毛処理をすることが可能です。

もちろん、わざわざ外出する必要もありません。

そのため家の中で手軽に行えるセルフ脱毛は、脱毛へのハードルを低くしてくれていると言えるでしょう。

 

除毛器の購入でコスト削減

セルフ脱毛のための道具として、家庭用のレーザー除毛器がよく例に挙げられます。

ひとつ約3~7万円と少し高額なため、なかなか手を伸ばせずにいる人も多いのではないでしょうか。

ですが一度除毛器を買ってしまえば、その先ずっと家で自由に脱毛ができます。

そのときに掛かる費用は光熱費のみとなり、エステサロンやクリニックに通い続けるよりも断然お得なのです。

除毛器の詳細については後述します。

 

除毛部位も自由自在に選べる

例えばエステサロンで除毛してもらうとき、自分の言葉で脱毛したい部分や仕上がりを注文しなくてはなりません。

ですが、口に出してオーダーするのが難しかったり、なんだか気恥ずかしいな……と思ってしまったりする人は意外と多いはず。

セルフ除毛であれば、そんな思いをすることなく自分のさじ加減で除毛することができます。

特に店員さんに注文するのが苦手だな、と感る人はセルフ脱毛をおすすめします。

 

セルフ脱毛のデメリット

続いて、セルフ脱毛のデメリットをご紹介します。セルフ脱毛のメリット部分と比較してご覧ください。

製品の質の良し悪し

脱毛グッズは便利なものが多く、その品質は日々進化していると言っても過言ではありません。

ですが、時にはあまり質の良くない脱毛グッズが流通していることも。

質の悪い脱毛グッズは肌トラブルの原因にもなります。

セルフ脱毛の際に使用するグッズは、慎重に選ばなくてはなりませんね。

 

肌との相性

また、どれだけ質の良いグッズであっても、自分の肌と合わなかった!というケースも数多く存在します。

脱毛グッズの使用感は人それぞれ違うので、必ずしも全ての人が満足する仕上がりになるとは限らないのです。

脱毛グッズを購入したときには、必ず説明書きを読んで「パッチテスト」などをきちんと行うようにしましょう。

 

かえってエステの方が安くなる!?

メリットの部分でもお伝えしましたが、脱毛グッズの中には高額な商品も存在します。

値段が高いから質が良いに違いない、と信じ込んでしまい、高額な脱毛グッズを買ってしまう人も数多くいるのかもしれません。

しかし、時には脱毛グッズの費用がエステサロンに通う費用よりも大きくなってしまうこともあります。

これでは、エステサロンやクリニックで脱毛してもらう方がかえって安くなってしまうのです。

あくまで費用を抑えるためのグッズ購入である場合は、高すぎず安すぎないグッズを選ぶのが無難なのかもしれませんね。

 

セルフ脱毛の種類

ここまでは、セルフ脱毛を行うことに対してのメリットとデメリットをそれぞれ挙げてきました。

「費用を抑えたい」「自分の好きなタイミングで脱毛したい」と考えている人には、セルフ脱毛はピッタリです!

様々な脱毛グッズを活用して、綺麗なツルツル肌をキープしていきたいですね。

ですが具体的に、セルフ脱毛のためのグッズにはどんなものがあるのでしょうか?

また、どのような部位に使うのが効率的なのでしょうか?

 

家庭用脱毛器

エステサロンやクリニックに置いてある機械をコンパクトにしたモノが家庭用脱毛器です。

初期費用こそ高額ですが、手に入れてしまえばその先ずっと脱毛器1台で、まるでサロンみたいな脱毛が自分でできてしまう優れモノです。

脱毛器には、大まかに分けて4つの種類があります。

それぞれどんな形状で、どのように脱毛できるのかを簡単にまとめてみました。

 

フラッシュ式

脱毛器の中でも一番オーソドックスなタイプは「フラッシュ式」で間違いないでしょう。

この脱毛器は、エステサロンに置いてある脱毛器と同じ仕組みです。

毛根に強い光を照射することで、メラニンと呼ばれる色素を破壊し徐々に毛が生えなくなってきます。

 

レーザー式

フラッシュ式以上に強力な光(を放つのが「レーザー式」です。主に医療機関に設置してある脱毛器と同じ仕組みになっています。

レーザーは光よりも威力が高いので、永久脱毛を希望する人にとってはうってつけでしょう。

 

サーミコン式

「サーミコン式」は、毛根に直接光を当てるものではなく生えている毛に熱線を当てることで、ムダ毛をカットしてくれる仕組みとなっています。

ムダ毛を根元から焼き切るしくみではないため、永久的に効果が続くわけではありません。

ですが肌が傷つくリスクはとても低いため、安全性の面でとても評価されています。

 

ローラー式

最後に紹介するのは「ローラー式」です。

ローラーがムダ毛を一本一本絡め取り抜いていく、という仕組みとなっています。

脱毛するときの痛みは強いですが、目に見えて効果が分かるほど綺麗に脱毛できます。

すぐに効果を実感したい!という人に最適な脱毛器となっています。

 

高品質、コスパ最強!なケノンの脱毛器

現在、国内だけでなく海外でも数多く生産されている家庭用脱毛器。

全身に使えるものもあれば、「光美顔器」といったもので手軽にムダ毛処理をすることができます。

もし手に入れようとしても、その種類の多さから「どれを選べばいいんだろう?」と手を伸ばせずにいる人も多いはず。

そんな数多の脱毛器の中でも特に人気なのが、「ケノン」の脱毛器です。

手軽に脱毛サロンと同じようなクオリティーの脱毛ケアを、自分の手で施すことができます。

もし購入するのであれば、ケノンの商品を選ぶのがベストでしょう。

 

ケノンの脱毛器

ケノンの脱毛器は出力を自由に変えられるため、「痛くない脱毛」を望む人からも多くの支持を得ています。

さらに特筆すべきポイントに、カードリッジの使い分けがあるでしょう。

顔や指といった狭い範囲と、足や腕といった広い範囲で、付属のカードリッジを付け替えて使うことが可能です。

もしカードリッジか使えなくなっても、カードリッジのみを買い替えればまた使うことができるのも嬉しいポイント。

家族間で脱毛器を共有する場合も、カードリッジを使い分ければ清潔に使いまわすこともできるのです。

 

ブラジリアンワックス

続いて、ブラジリアンワックスと呼ばれる脱毛グッズについての説明に入ります。

ブラジリアンワックスとは粘着性の高いべたべたのワックスを脱毛したい箇所に塗って、その上に専用のシートをかぶせる形の脱毛グッズとなっています。

シートをはがすとワックスも一緒に剥がれて、その部分のムダ毛が剥がれ落ちるようなイメージです。

剥がすときに多少痛みますが、ムダ毛が綺麗に抜けることや天然素材を使用したワックスが多いこともあり、特に海外からの指示が高いグッズなんですよ。

効果をすぐに実感できることや、太い毛を除毛することもできることから、水着を着る際に使用する人が多いようです。

 

脱毛石鹸

次にご紹介するのは、脱毛石鹸(せっけん)です。

この石鹸で体を洗うだけで、手軽に全身を除毛することが可能になるという優れもの。

具体的には体を洗うとムダ毛が抜け落ちる、という訳ではなく、石鹸の中に含まれる成分が徐々にムダ毛を薄くしていくようにアプローチしてくれるため、段々とムダ毛が少なくなっていくという仕組みになっています。

カミソリを使わないため肌に優しく、全身の除毛が簡単にできることが脱毛石鹸の良い所ですね。

ですが毛質によってはムダ毛のケアが行いにくい部位もあるため、「どの部分の脱毛に効果的なのか」をしっかり把握した上で使用するようにしましょう。

 

脱毛テープ

脱毛テープとは、ブラジリアンワックスのように貼って剥がすことで脱毛するタイプのグッズです。

ワックスを塗る手間が省けるのがポイント。

しかし、このグッズの一番の難点は痛みを伴う事でしょう。

炎症を起こしてしまうこともまれにあるため、使用には十分な注意を払ってください。

もしテープを貼った部分が赤くなってしまった場合は、タオルを水で濡らしたものを当てて炎症を抑えましょう。

 

脱毛クリーム

続いて紹介する脱毛クリームは、ムダ毛の生えている場所に塗る商品になっています。

クリームを塗った後時間をおいて洗い流すと、ムダ毛がごそっと抜けて綺麗なツルツル肌に。

刃物を使って脱毛しないため、次に生えてくる毛もチクチクしないのが嬉しい脱毛クリーム。

塗って流すだけの手軽さから多くの女性からの支持を集めています。

ですが、中には顔やVIOラインに使用できないクリームもあるので、購入する際には説明書きをきちんと読むようにしましょう。

 

脱毛タオル

最後にご紹介するのは、脱毛タオルと呼ばれる商品です。

普段体を洗うために使うタオルを、脱毛タオルに変えるだけで全身のムダ毛のケアができます。

脱毛タオルは繊維でできており、タオルで体を洗った箇所に生えたムダ毛を絡め取ってくれるのです。

このグッズの最大の特徴は、手が届きにくい背中への脱毛も簡単に行えるという点ですね。

この商品は店頭に並ぶことが少ないため、もし手に入れたい方はインターネット通販を利用するのがおすすめです。

 

自分に合ったセルフ脱毛を

セルフ脱毛にはたくさんのやり方があり、それらは日々進化し続けています。

なので私たちは自分の肌や目的に合わせて脱毛の仕方を選ぶことができるのです。

もちろん脱毛の効果には個人差があり、おすすめされた方法が合わなかった!といった場合も必ず起こります。

そのため、脱毛を行った後の肌へのケアは必ず欠かさないようにしましょう。

それぞれに合ったセルフ脱毛で、手軽にツルツル肌を手に入れてみませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事