高校生ともなると、恋をするようになり、オシャレをするようになります。

カラダも大人のカラダつきになっていきますし、思春期特有の色々な悩み事も出てくる年頃ですよね。

 

様々な悩みごとがある中で、大人のカラダつきになるにつれて、お肌についての悩みを持つ女子も多いのではないでしょうか。

ニキビが出やすい、毛深い、人それぞれ悩みは違うとは思いますが、そういった悩みの対処法にサロンでの施術を考えたことはありますか?

また最近では電車やテレビ、ネットでも脱毛サロンの広告が増えてきており、高校生でも「脱毛をしたい」と考える方も多いのではないでしょうか。

そこでまず考えるのが「高校生でもサロンで脱毛は出来るのか?」ということです。

今回は脱毛について、仕組みや様々な疑問についてお話していきたいと思います。

お肌の悩みを抱えている女子のみなさんはぜひ、この記事を参考にしてみてくださいね。

 

高校生でも脱毛するのが当たり前の時代に!

 

「高校生のうちから脱毛をするのは早い!」と思われる大人の方が多いのが現状ではありますが、そんな中でも実際には高校生でも脱毛をする方が増えています。

さらに高校生どころか、小学生のうちから脱毛を始める方さえ珍しくはありません。

ではここで、大人の方が高校生に脱毛は早いと思う理由を考えてみましょう。

「脱毛料金が子供には高すぎる」

「若いだけで十分キレイだから手を加える必要はない」

などという考えがあるようです。しかし、高校生にはそれなりの悩みというものもありますよね。

「制服で夏服になった時に半袖の袖口から、ワキ毛が見えたら恥ずかしい!」

「体育の授業で水泳がある時に、ワキ毛やスネ毛が生えてたら恥ずかしい」

などそれぞれの悩みを持ち、それがコンプレックスになってしまうケース考えられます。

明るい青春時代を過ごすためにも、なるべくであればコンプレックスや悩み事を解決したいですよね。

とはいえ、脱毛はお金も時間もかかってしまうため、通うサロン・クリニックはしっかりと見極めたいものです。

次では、脱毛の基本についてお話していきます。

 

脱毛の種類について

これから脱毛の種類を紹介していきますが、その前に脱毛を行う場所は2種類に分かれているということを確認しましょう。

脱毛を行う場所としては、医療脱毛(クリニック脱毛)と、エステ脱毛(サロン脱毛)に分かれます。

この2つの大きな違いとしては、施術者です。医療脱毛は医療機関であるため、施術を行う方は医者や看護師になります。

そしてサロンではエステティシャンが施術を行います。

また脱毛方式も全く違います。

医療脱毛は「レーザー脱毛」という医療機関でしか扱えない方法での脱毛。

サロン脱毛では「フラッシュ脱毛(光脱毛)」と呼ばれる脱毛方法での施術です。

ここでは、この脱毛方法についてどのような違いがあるのかを詳しくみていきましょう。

 

光脱毛(脱毛サロン)

ムダ毛には、成長初期→成長期→退行期→休止期という毛のサイクルがあり、これが俗に「毛周期」と呼ばれるものになります。

光脱毛とは成長期に当たる、毛の毛根にダメージを与えることで、次に生えてくる毛の量を減らす方法です。

 

サロン脱毛は早い!安い!痛くない!

特徴としては、脱毛方法の中でも比較的痛みの少ない施術方法です。

しかし、施術後に直ぐ変化が現れるわけではありません。

皮膚の中にまだ埋まっている毛が、時間の経過とともに表面に出てきて抜けるのを待たなければいけないため、効果を実感できるまでに1~2週間程度は必要になります。

また、施術をしてから次の施術までの間隔としては1ヶ月半〜2ヶ月空けるのが一般的です。

さらに、サロン脱毛の一番の特徴は料金が安いこと!

キャンペーンなどを利用すると医療レーザーよりも費用が半額以下になる場合もあるのでとても通いやすいです。

また、施術メニューも豊富なので幅広く満足行くまで脱毛をすることが出来るでしょう。

 

サロン脱毛での注意点!

 

「脱毛サロンは早くて安くて痛みも少ない、脱毛するなら脱毛サロンで決まり!」多くの女子がそう思うでしょう。

しかし、ここには大きな落とし穴があります。

それは、脱毛サロンでは永久脱毛ができないということ。

サロン側もあなたを騙そうとかそういうわけではありません。

サロン脱毛は毛を薄くすること、毛が生えてくる速度を遅くすることは出来ますが、永久脱毛まではできないのです。

現在、医療脱毛が出来る機械は、医療脱毛クリニックにしか設置されていません。

つまり「完全に毛を消し去りたい!」「今後一切毛が生えないようにしたい!」という方にはサロン脱毛では満足できない可能性があります。

 

レーザー脱毛(医療脱毛クリニック)

医療脱毛で行うレーザー脱毛は、光脱毛に比べて多少の痛みを伴います。

しかし、痛みを伴うからこそその分、しっかりと効果が出るのです。

医療脱毛は光脱毛とは違い、施術をする期間が約半分程度で終了します。

終了するというのは、いわゆる「永久脱毛」が出来るということ。

先程も話したとおり、医療脱毛の痛みを耐えたものだけが得られる特権です。

 

永久脱毛の定義

因みに注意なのですが、永久脱毛というのは一生毛が生えてこないということではありません。

『レーザー照射3回の施術をしたあと、6ヶ月にわたって67%毛が減少している状態』

という定義があります。

よって、一生全く生えてこないという訳ではないので、そこは理解しておきましょう。

とはいえ自己処理よりもサロンよりも、今後の処理する回数が圧倒的に減ると考えると、脱毛という選択は正しいのではないでしょうか。

 

クリニック脱毛の特徴

レーザー脱毛機器から照射される出力は高く、1回ごとの効果が高いのが魅力の一つです。

サロンやエステでの脱毛では、満足のいく効果が得られるまで15〜20回は施術にかかってしまいます。

それに比べて、医療レーザー脱毛では、5~6回の施術、約1年で満足のいく効果が得られるでしょう。

医療レーザー脱毛は医療行為であって、副作用やトラブルを生じることが多いこともあり、心配の声も見られます。

しかし、医師が常駐しているため、何かあった場合には適切な対処をとってもらえるでしょう。

サロンに比べると圧倒的に安心感が違うこともおわかりかと思います。

 

高校生が脱毛する際に気を付けておきたいこと

 

大人に比べて子供のカラダにはレーザー脱毛の刺激は強く、負担が大きいです。

のため、事前のカウンセリングはとても重要になります。

高校生ともなると成長期も終わるころではありますが、それでもまだホルモンバランスが安定していない方もいるので、細かくカウンセリングが行われます。

先程も、医療脱毛では「永久脱毛」が出来ることはお話しました。

しかし、成長期途中の未成年の方が医療脱毛を行った場合は、脱毛が一度完了した後でもカラダの成長に伴って新しく毛が生えてくる場合があります。

未成年の方、特に16歳以下の成長期途中の方が脱毛を希望する時に、上記のような理由から医療脱毛は出来ない場合も出てきます。

その他にも、大人の場合とは違った注意点がいくつかあるので、みていきましょう。

 

親の承諾が必ず必要!

未成年者が脱毛を行う場合は親の同意が必要になります。

親の同意がない場合は脱毛を行うことが出来なくなってしまうので、どうして脱毛をしたいのかを親にしっかりと伝えて、支払いなどに関する同意をして貰いましょう。

サロンやクリニックによっては、同意書だけではなく親の同伴を求められるところもあるので問い合わせの際の確認を忘れずに!

まずはカウンセリングから始めて、高校生が脱毛する場合について、納得がいくまで話を聞きましょう。

 

日焼けをすると脱毛できなくなる可能性が・・・

通学時・体育の授業時・部活時と学生は何かと日焼けをしてしまう機会が多いですよね。

この日焼けは脱毛にとってNGとされていることなのです。

サロンやクリニックで脱毛を契約する時の注意事項に、「脱毛中の日焼けには注意する」ということが書かれています。

 

というのは、日焼けをすると

  • 脱毛時の痛みが強く感じることがある
  • 脱毛の効果が落ちてしまう
  • 肌のダメージやトラブルが起きやすくなってしまう

 

という理由があるからなのです。

脱毛に通っている最中は、外出時には必ず日焼け止めクリームを塗るなどの紫外線対策を行うことが必須です。

使用する日焼け止めも肌の負担が大きいものはなるべく避け、オーガニック系の日焼け止めを使うことをおススメします。

 

承諾を得られなかった・・・そんな時は?

今現在、高校生が脱毛をする場合、親の同意が貰えないと施術をすることが出来ません。

高校生だけではなく、既に働いでいる方であっても未成年の場合は、親の同意が必要になります。

なので、どうしても同意が貰えない場合は20歳になるまで、脱毛はおあずけになってしまいます。

脱毛には高いお金がかかりますし、大事なカラダに関わることでもあります。

そして、支払いのローンを組む際にも親に保証人になって貰う必要があるので、やはりしっかりと相談することが大切です。

 

同意してもらいやすい方法

「脱毛の同意を頼んだけど断られてしまった……。でも脱毛したい!」

「まだ相談はしていないけど、断られそう……。」

まだ高校生ということは、上記のようなことも充分にありえることです。

どうしても親の同意をもらえない場合は諦めるしかありませんが、ここでは同意してもらいやすい方法をご紹介しましょう。

クリニックでは支払い額が高額になってしまい、断られやすくなってしまいます。

そこで、クリニックよりも手の出しやすいサロンの格安キャンペーンを利用して、施術を始めたいということを伝えることで、比較的親の同意もされやすいようです。

格安のキャンペーンを利用して脱毛を始めるために、親にカウンセリングに同席して貰い、施術の内容や安全性をしっかりと把握してもらうことで、同意を得られることもあるでしょう。

 

まとめ

若い高校生の女子から、大人の女性まで脱毛の悩みは本当に多いです。

カミソリや毛抜きでの自己処理を行う方、電気シェーバーなどで処理を行う方、それぞれだと思いますが自己処理ではやはり肌へのダメージも気になるところでしょう。

脱毛ができれば、ツルスベ肌をゲット出来るしムダ毛に関するコンプレックスも解決できます。

きっと、これまでよりも楽しい高校生活を送れるかもしれません。

脱毛の料金は高額ではありますが、早めに行うことで将来の負担や生活も変わりますので、ムダ毛で悩んでる方がいましたら、一人で悩み隠さず親に相談してみましょう。

同性のお母さんであれば、女性のムダ毛悩みは理解してくれるはず。

今では、親子割・ペア割などのキャンペーンも実施しているため「お母さんも一緒に脱毛しようよ!」といった形で誘ってみるのもありかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事