ある日突然、見覚えのない黒い点々やポツポツを発見した場合、多くの人は気になって仕方がないでしょう。

それはもしかして、ムダ毛が肌の表面に出てこないで、皮膚の下で伸びてしまった「埋没毛」かもしれません。

「今すぐ取り除きたい」という風に考えても、表面に出ていない毛なので、どうしたものか戸惑ってしまうかもしれません。

 

実はこの埋没毛、無理に取ろうとすると、その時は取り除けても、後になってさらに目立ってくるのです。

症状がひどくなれば、色素沈着を起こし、シミになってしまうことも。

 

そのような、対処の難しい埋没毛が発生するメカニズムを知ることで、最適な対策ができるようになります。

問題を解消する方法について考えてみましょう。

 

そもそも埋没毛って?

埋没毛は「まいぼつもう」と読みます。埋(うもれる)、没(深く沈む)などの意味から分かる通り、毛が深く埋もれてしまって、体外に出てこない毛のトラブルを意味しています。

何かしらの理由で毛穴が閉じてしまい、毛が体外に出てこないのですが、その原因は肌に負担をかけてしまう点にあるのです。

本来、毛が生えてくる毛穴がふさがれてしまうことで、身体の外に伸びていけず、皮膚のなかで発毛してしまい、そこで成長していきます。

 

そのことから「肌の表面はツルツルなのに黒い点が見えている」などの問題が発生した場合は、この症状になっているパターンが考えられるでしょう。

症状は目に見えて確認できているのにも関わらず、毛が体外に出てこないために、手入れができないのです。

そのため、皮膚の下にある毛の存在をしりつつも、具体的な対策を取ることが難しいと感じている人も多いのではないでしょうか。

 

埋没毛ができる原因

そのように、一度できてしまえば対処するのに苦労するのがこの症状の特長ですが、どのような原因によって発生するかご存知でしょうか。

実は、「体毛をどのようにして処理しているか」という生活習慣によって生み出されるものなのです。

この症状が発生する原因を具体的に言うならば、普段なに気なく行っている毛の処理で皮膚を傷めている点を挙げられるでしょう。

 

つまり、毛穴を傷つけるような、間違った処理の方法に問題があるのです。

かさぶたができたり、傷が治っていく段階で毛穴が閉じてしまうために、本来体外に伸びるはずの毛の行先がなくなり、この症状が発生します。

毛穴は毛の出口ですが、それをを失った毛は、それでも伸びていこうとします。

そのため、皮膚の中でクルリと巻いてしまったり、思わぬ方向に伸びていってしまうのです。

自己処理にもいろいろありますが、どのような処理をすればこの症状になってしまうのでしょうか。

 

カミソリや毛抜きで自己処理

もっとも一般的な処置の方法は、カミソリを使ってムダ毛をそるパターンでしょう。

しかし、これが症状を生み出してしまう行為なのです。

「カミソリ負け」などの言葉があるように、鋭い刃を持つカミソリは、皮膚に対してよくありません。

 

また、この手段による処理は、主に入浴時に行われるのではないでしょうか。それも大きな問題なのです。

なぜなら、湯船につかったりシャワーを浴びた後の、肌が温まってるときに毛を処置すれば、温められてふやけた皮膚がはがれてしまう問題につながるからです。

そのような状態になってしまえば、傷口に雑菌が入って炎症を起こす場合がある点を覚えておきましょう。

 

また、皮膚の表面にある必要な角質までそってしまっている点も、大きな問題になるでしょう。

ムダ毛だけを取り除いている感覚でカミソリを使っているかもしれませんが、実際は皮膚が薄くなっているのです。

そのように、肌が弱くなっている状況が続けば症状が発生しやすくなります。

そのため、カミソリでの処理はなるべく避けましょう。

 

そしてもう一つ、毛抜きで毛を取り除くこともNGです。

ワキなどの太い毛は、シェービングしても断面が目立つため、抜いてしまう人も多いのではないでしょうか。

そのような処理は、自然に抜け落ちる前の段階でムダ毛を無理に抜く行為です。

それにより、毛穴まわりの皮膚が毛と一緒に引っ張られたりするために、出血や炎症が発生するのです。

脱毛ワックスや脱毛テープを使って、毛を取り除いている人も多いことでしょう。

 

しかし、その方法は毛抜きと同じである点を見逃してはなりません。

つまり、それらの手段も、ムダ毛を無理に抜き取る方法であるため、毛抜きを使って毛を抜き取っているのと同じなのです。

その点から、それらの方法を用いた自己処理もオススメできません。

 

除毛クリームで自己処理

除毛クリームで毛を取り除いている人も、この症状を生み出す原因を自分で作っている点に注意しましょう。

薬品を肌につけた時点で、角質に大きなダメージが与えられるためです。

除毛クリームは、毛を溶かすために、強いアルカリ性になっています。

アルカリ性にはたんぱく質を溶かす働きがあるため、ムダ毛に加えて皮膚もわずかながら溶かしているのです。

 

皮膚が溶ければ、そこから炎症が起こる原因にもなるため、カミソリや毛抜きと同じ理屈で発症してしまうと考えて間違いありません。

そのため、使用は避けた方がよさそうです。

 

このように、多くの人が一般的に行っている毛の処置が、この症状の原因になっていることを見てきました。

ムダ毛を取り除くときには、注意が必要であると覚えておきましょう。

 

埋没毛ができやすい部位

埋没毛ができやすい毛質は、太くて固いものや先のとがった毛が挙げられるでしょう。

また、部位で考えた場合、皮膚自体が柔らかく、毛の生える方向がバラバラの箇所に発生しやすいのです。

それらの条件に当てはまる箇所は、脚・腕・脇・デリケートゾーンなどの部位になるでしょう。

これらの部位は、毛を除去する回数が多いため、特に注意する必要があります。

2~3日に一度のペースで毛を取り除いている部位というのは、皮膚が乾燥して固くなってしまいます。

毛を除去する作業を重ねた分だけ、発症しやすい条件になっているので注意が必要です。

 

また、症状をケアするアイテムとして、皮膚を柔らかくするピーリングやスクラブもあります。

しかし毛の処置を続けている限りは発症が続くため、完全脱毛でもしない限りはケアし続けていかなくてはならない点を覚えておきましょう。

 

埋没毛をなくす為には

なに気なく毛の除去を続けているうちに、ある日「こんな場所にホクロが?」という状況になった人もいるかもしれません。

実はそれ、ホクロではなくて埋没毛だったりするのです。

皮膚を傷めつける毛の処置を繰り返しているうちに、頑固な埋没毛を作り出してしまい、黒い点が目立つようになるのは、よくあるケースではないでしょうか。

ワキや脚の黒い点々は、遠くから見ても目立つもので、中には「手入れしていない」と受け取る人もいることでしょう。

そのような恥ずかしい思いは誰だってしたくありません。

 

それでは、この症状をなくすために必要な手段には、どういったものがあるのでしょうか。

この項では、主に3つのポイントを挙げてみましょう。

 

ひたすら「待つ」

一時的に埋没毛を除去したとしても、皮膚は1~2か月の周期でターンオーバーを繰り返しています。

つまり、新しい皮膚になるのです。

そのため、埋没毛もその周期に合わせて再び現れて、皮膚をすけて見えるようになります。

取り除くたびに毛穴周辺の皮膚を傷めつけて、さらに症状がひどくなるでしょう。

そのため、発想を逆転させて「何もせずに待ってみる」のも一つの方法でしょう。

手を加えない限りは、今以上に症状が目立ってくるのを避けられるのです。

 

脱毛サロンや医療脱毛クリニックに通う

症状をなくすというよりは、あくまでも予防の意味で、脱毛サロンや医療脱毛クリニックに通えば、一定の効果が出てきます。

サロンの光脱毛やクリニックのレーザー脱毛は、数回通えば自身で処理する必要がなくなるため、埋没毛ができる原因そのものを解消できるのです。

毛の処置が必要なくなるまでには、それなりの期間がかかる点を覚えておきましょう。

1~2年ほどは通わなければならないため、気長に取り組む姿勢が大切になってきます。

サロンやクリニックで施術の回数を重ねるうちに、徐々にムダ毛が薄くなってくることに気付くはずです。

それにより、毛を処置する回数も減るので症状の原因である肌への負担が軽くなる点を覚えておきましょう。

 

また、この症状は皮膚科で治せる点も見逃せません。

専用の医療機器や道具を用いて皮膚の下から毛を抜き取る方法になっているようです。

「今すぐ何とかしたい」と考える人は足を運んでみましょう。

ただし、埋没毛を治すためだけに治療費を支払うのを避けたい人は、やはりサロンやクリニックに通っての、完全脱毛をオススメします。

 

埋没毛を自分で抜くのは絶対NG!

黒いツブツブがあると、どうしても目立ってしまうため、多くの人が悩んでいることでしょう。

先の鋭いもので点々のある部分を突いたり、毛抜きで無理にほじり出す人もいるようです。

 

しかし、そうした処置はむしろ症状を悪化を招きかねません。

なぜなら、肌に大きなダメージを与えているからです。

 

その瞬間は症状を取り除くことができたとしても、また同じ部分に症状が出てしまう場合も。

ヘタに触った場合、毛穴の周りが炎症を起こし、赤くなってしまうでしょう。

それを繰り返していれば、埋没毛自体も、他の毛より太くなり、濃くなってしまいます。

 

そうしているうちに、色素沈着が発生してくる場面も考えられます。

つまり、シミになってしまうのです。

気になるのは分かるのですが、手を加えてしまえば余計に毛穴が目立つようになりかねないため、注意が必要です。

 

家でできる埋没毛の予防法

まず、これまでやってきた毛を処置する方法を見直す必要があります。

少しでも肌への負担が少ないやり方を知っておけば、症状を軽くできるかもしれません。

カミソリは肌を傷めやすく、毛抜きは毛穴に負担がかかる点に関してはすでに述べました。

 

「それではどうやって毛を除去したらよいかわからない」

などの声が聞こえてきそうですが、実はオススメのアイテムがあるのです。

 

そのアイテムはズバリ、電気シェーバーです。

特別な仕様である必要はなく、普通にショップで購入できる電気シェーバーを用いて、毛を処置するのをオススメします。

 

なぜならば、カミソリや毛抜きと比べて肌への負担が比較的少ないからです。

そのため、皮膚を傷めつける度合いを軽くすることができ、症状の改善が期待できるのです。

ただし、自身で処理を続けていることには変わりがありませんので「肌への負担がゼロになることはない」と覚えておきましょう。

 

もう一つの重要な方法には、肌の保湿を中心としたスキンケアを挙げることができます。

ムダ毛を除去した後に、必ず保湿クリームなどを塗るように心がけましょう。

 

そうすれば、皮膚の乾燥によって症状が出てくるのを防げます。

また、入浴の後にも保湿をすれば、毛穴や角質を柔らかくしたり、肌のターンオーバーをうながす効果が期待できるでしょう。

 

それにより、埋没毛を予防できるだけでなく、症状の改善も見込めるのです。

自身の肌を大切にする心構えが、この問題を作り出さない方法だと覚えておきましょう。

 

まとめ

以上、肌を傷めたり毛穴に負担をかけるムダ毛の処理によって、埋没毛ができてしまう問題について述べてきました。

解決するためには、自身の肌を大切にするスキンケアが大切です。

ただし、スキンケアに十分な手間をかけていても、ムダ毛が生えてくる以上は、自身で毛を取り除かなくてはなりません。

そのような点から考えた場合、脱毛サロンや医療脱毛クリニックに通っての完全脱毛をオススメします。

それにより、ムダ毛の処理が不要になるため、症状が発生する問題を避けられます。

クリニックでも効果は得られますが、より安価な脱毛サロンが最適ではないでしょうか。

数多くの店舗から、予約の取りやすいお店を探し出し、症状にサヨナラしましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事