脱毛は今や珍しいことではなく、最近では男性でも気軽に出来る時代になっていると言えます。

しかしながら、脱毛に抵抗がある人や、なかなか始めたくても踏み出せない人もいるはずです。

脇やヒゲといった部位は気軽に出来る脱毛として人気ですが、意外とVIO脱毛をする人も増え始めています。

VIOについてはこの後に詳しく紹介していきますが、アンダーヘアとも呼ばれるデリケートゾーンの脱毛のことを言います。

アンダーヘアを脱毛するということにピンとこない人も多いかもしれませんが、若い人を中心に人気が出始めているようです。

そこで今回は、VIO脱毛についての紹介を行いながら、人気のデザインについての情報もお伝えしていきます。

 

そもそもVIOって?

VIOとは、デリケートな部分という事は最初に紹介しましたが、VIOはそれぞれの部分を指しています。

 

Vライン

 

Vラインとは、デリケートゾーンの上部に当たる部分を言います。

細かく説明をすると、股関節辺りの太ももの付け根あたりと、へそ下辺りを結ぶ逆三角形の部分を指します。

女性であれば下着やビキニを着用する際に、男性でも競泳用のビキニやふんどしと言ったのを着用する際にアンダーヘアがはみ出ることがあるかもしれません。

そういった部分を脱毛していくのをVライン脱毛と呼ぶのです。

 

Vライン脱毛のメリット

男性はあまりないかもしれませんが、太ももの付け根と下着が擦れて肌荒れを起こしてしまったり、黒ずみの原因にもなります。

また、蒸れてしまうことによって雑菌が繁殖しやすい環境にもなってしまいます。

脱毛することによって見た目はもちろんですが、肌荒れの改善や衛生的にも効果が期待できるかもしれません。

また、アンダーヘアが整っている方が、女性からの評判も期待できるはずです。

 

Iライン

 

Iラインとは、女性で言うと割れ目(大陰唇)の両側辺りを指し、デリケートゾーン周辺であると言えます。

しかし男性では少し場所が変わり、睾丸の裏から肛門までの場所を指し、見えない部分をIラインと言うのです。

男性では見えない部分として意外と脱毛をしない人も多いようですが、脱毛によるメリットはかなりあります。

 

Iライン脱毛のメリット

Iラインは、尿や便を排泄するそれぞれの場所の間にあります。

そのため、排泄後のふき取りが不十分で雑菌が繁殖したり、蒸れやすい場所になってしまうのです。

Iラインに毛がなければ清潔にしやすく、衛生的にも非常に良い環境にすることが出来ます。

ぜひ他の部分と一緒に脱毛しておきたい場所だと言えるでしょう。

 

Oライン

 

Oラインとは、おしりの穴の周辺を指し、脱毛をすることによってメリットもあります。

なかなか普段の生活でOラインを見ることはないかもしれませんが、人間の大切な部位の1つでもある肛門は常に衛生的にしておきたいものです。

自然な状態で見える部分はおしりとなるので、Oラインではありません。

脱毛をしに行くとそういった説明はありますが、事前に知っておきたいところです。

 

Oライン脱毛のメリット

肛門ははやり排泄をする場所のため、毛があることによって衛生的に問題が出やすく、脱毛によって肌荒れやかゆみ、雑菌から身を守ることに繋がります。

気にしない人も多いかもしれませんが、ニオイや雑菌に効果が期待できるので積極的に脱毛するのがオススメです。

 

海外ではVIO脱毛が当たり前

意外と知られていないのは、欧米やヨーロッパの男性は、アンダーヘアを処理することは当たり前だということです。

海外に行って裸の付き合いをすることは多くの日本人がないため、知らなかったという人も多いようですが、自己処理も含めて海外では当たり前なのです。

 

日本ではまだ抵抗のある人が多い

海外では当たり前なのだから、日本でもやるべきだというのは話が飛躍してしまいますが、同性・異性関わらず、日本の若い人は特に脱毛には抵抗がなくなってきているようです。

そのため、アンダーヘアの脱毛をする男性も今後増えていくと予想されます。

 

VIOのデザイン一覧

 

次に、VIO脱毛をしていく際に、デザインがあるというのをご存知でしょうか?

剃刀による脱毛は一時的ですが、脱毛専門のクリニックなどで行うというと、永久脱毛や全てをなくしてしまうというイメージを持つ人も多いはずです。

しかし、ひげもそうですが、アンダーヘアにもデザイン脱毛があり、好みによって選ぶことも可能なのです。

そこで人気のデザインを中心にいくつか紹介していきます。

 

ナチュラル

名前の通りですが、自然な状態を保ちつつ、下着や水着などを着用した際にはみ出したりしないよう最低限は整えられているデザインになります。

あまり脱毛をしていると思われたくない人にお勧めかもしれません。

 

トライアングル

ナチュラルに比べて、はっきりと整えられていることが分かるデザインです。

逆三角形のようなデザインになり、ナチュラルに近い感じも残っているので、こちらもあまり脱毛に抵抗感がある人には良いでしょう。

 

トライアングルミニ

トライアングルに比べて、より逆三角形の形が小さくなるデザインになります。

すっきりとした印象になるので、スタイリッシュにVラインを見せたい女性におすすめです。

 

ハート

若い人には受けの良いデザインだと言えます。

遊び心のあるデザインのため、周りからの視線が気になる人は避けるようにしましょう。

 

オーバル

丸みのあるデザインになるので、全体的にも優しくカワイイ印象になるでしょう。

 

Iライン

名前の通りのデザインですが、Iラインにすることで整えていることがすぐに分かり、清潔感もあります。

 

スクエア

長方形のデザインをさらに攻めたようなものになります。

下着や水着からはみ出す心配もないので、個性を出しつつ、無毛にはしたくないという人にオススメでしょう。

 

ハイジニーナ

完全なツルツル状態をハイジニーナと呼びます。

デザインと言うよりは、完全な脱毛になり、海外では定番になります。

日本ではまだ馴染みはないので、抵抗のある人も少なくないですが、清潔感や管理のしやすさと言う点からも圧倒的にメリットのあるデザインだと言えるでしょう。

 

男性に人気なVIOランキングベスト3!

上記のデザインは一般的なものになるので、どの脱毛専用サロン・クリニックで脱毛することが出来るでしょう。

しかし他にも個性的なデザインはあるので、脱毛専門のサロンやクリニックで可能かどうかは確認をしてみましょう。

また、最近ではアンダーヘアの脱毛で使える機械や製品が出ているので、手先が器用な人は自分でやるのも良いかもしれません。

次は男性に人気のデザインについて紹介をしていくので、脱毛専門サロン・クリニック、自己処理いずれにせよ参考にして挑戦してみましょう。

 

1位.ナチュラル

日本人らしい人気デザインと言えるのかもしれませんが、やはり脱毛に抵抗のある人も少なくない現状では、この自然なデザインが最も多く選ばれているようです。

脱毛しているということに気づかれにくく、先ずは脱毛がどのような感じなのかを知りたいという初心者に人気となっています。

 

2位.トライアングル

完全に無毛状態にするのも、あまり自然な状態と変わらないナチュラルの間を取ったトライアングルが2番目に人気なようです。

やりすぎ感もなく、かといって無毛には抵抗もあるという人に選ばれており、水泳をやっている人や、ライフセーバーなど仕事でも水着を着用する人、モデルなどの人前に出る仕事をしている人の人気を集めています。

デザイン性もあるので、若い女性などにも受けの良いデザインだと言えます。

 

3位.ハイジニーナ

中途半端に脱毛するなら、完全に脱毛したほうが良いと思う人が選ぶデザインとなり、トップ3に入る人気を誇ります。

日本人はハイジニーナに対して男女ともに賛否両論あり、好き嫌いははっきりと分かれてしまうようですが、海外の人には非常に受けのよいデザインだと言えます。

 

デザインを決める際の注意点

人気のデザインを参考に、脱毛を始めてみるのも良いですが、注意点もしっかりと確認しておくことをオススメします。

特にデザイン性のあるものや、ハイジニーナに関しては、変更ができないものもあるため、将来のことも含めて決めていくほうが良いかもしれません。

ナチュラルであれば、次にデザイン性のある形に変更は可能ですが、毛のある面積が少ないデザインや、ハイジニーナは、元に戻すことは出来ないので、そのままの形を継続するか、最終的には無毛状態になるということも考えておきましょう。

 

Iライン・Oラインはどうする?

ここまでVライン脱毛について紹介してきましたが、Iライン、Oラインについてはどうなのかも気になる所です。

もちろん人によって好みは違うので、一概に言える訳ではありませんが、参考になるよう紹介していきます。

 

Iラインの脱毛について

Iラインについては、Vラインのデザインによって考え方も変わってきます

例えばVラインがハイジニーナにもかかわらず、Iラインは何も処理していないと、ツルツルとフサフサが不自然な感じになってしまいます。

そのため、Vラインがどのようなデザインなのかによって完全に無毛にするのか、少し残すのかなどは決めていくほうが良いでしょう。

しかし、基本的には衛生的にも無毛で問題ないはずなので、こだわりがない限りは脱毛してしまいましょう。

 

Oラインの脱毛について

Oラインについては、Iライン同様に無毛で問題ないと言えます。

特に肛門回りは無毛の方が衛生的にも良く、基本的には見えない部分のため、毛を残しておく必要は全くありません。

予算的な問題がなければ、VIOセットで脱毛しておきたいところです。

 

衛生的にも脱毛はオススメです

まだまだ日本では、女性でも毛があった方が男らしくて良いと思う人もいるので、絶対的なことは言えませんが、確実に脱毛に対して抵抗がない時代になっていると言えるでしょう。

個性を大切にするという時代の流れもあり、アンダーヘアも個性的なデザインが可能にはなっていますが、それだけでなく、衛生的にも脱毛にはメリットがあります。

最初からハイジニーナといった無毛には抵抗がある場合には、ナチュラルなど自然に近いデザインから始めて、慣れてきたらデザイン性のあるものに変えてみたりするのも良いかもしれません。

ただし、自分で処理すると肌を痛めたりする場合もあるので、出来る限り脱毛専門サロンやクリニックを利用するようにしましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事