「Vライン脱毛、興味はあるけど痛そうで怖い・・・」

「そもそもサロンで脱毛することのメリットって何?」

「行ってみたいけど、VIO脱毛はやっぱり恥ずかしい・・・」

 

アンダーヘアの脱毛は、ワキや腕の脱毛と並び、女性のエチケットとして常識になりつつあります。

夏に海やプールに行く時、友達と温泉旅行に行った時など、VIOラインは特に気になるところですよね。

 

中でもVラインは「ビキニライン」ともいわれ、もっとも人前の目に付くところ。

「水着の横からムダ毛がはみ出てた!」なんてことがあれば、せっかくカワイイ水着を買っても台ナシですよね。

でも、VIOの脱毛って痛そうだし、知らない人にアンダーヘアを処理してもらうのもなんだか恥ずかしい・・・という理由で、自己処理で済ませている人が多いようです。

 

今回は、Vライン脱毛を脱毛サロンで行うことのメリットや、皆さんが思っているVライン脱毛に関する様々なギモンについて、お答えします!

 

Vライン脱毛って何?

まず、「Vライン」とはどの部分をいうのか、解説していきましょう。

Vライン施術範囲イメージ画像

 

Vラインは、ビキニラインともいわれており、一般的には足上はへそ下(アンダーヘアーが生え始めている部分の5cmあたりの部分)

から、下は足の付け根周辺のサイドの部分までの箇所のことを言います。

 

「え、こんなに広かったの!?」

と思うかもしれません。

 

そもそもVIO脱毛とは、欧米の女性のTバックやストリングタイプの大人気によってブームになり、

その波が日本にも伝わってきたと言われています。

 

ビーチでは老若男女海水浴を楽しむ文化があるアメリカ。

中でもビキニは自分をよりセクシーに見せる為の重要アイテムで、そうなるとVラインの入念なお手入れは必須なわけですね。

 

つまり!はみ毛を気にするだけでなく、へそ下あたりから足の付け根の部分までの全体部分をキレイに脱毛されていないと、

そもそもVライン脱毛をする意味がない!ということなんです。

 

特に足の付け根部分は、下着との摩擦によって色素沈着(黒ずみ)肌荒れを引き起こしやすい箇所なので、

何かとトラブルが起きやすい部位。

この部分をキレイに脱毛することで、よりキレイにかわいく、水着や下着を着こなすことができます。

 

ただ、Vラインは医学的に部位が正式に決められているわけではない為、実際のVラインの脱毛範囲は、

脱毛サロンや医療脱毛クリニックによってさまざまです。

 

始めてVライン脱毛に行く際は、どの部分までを範囲としているか、事前にスタッフさんに確認しておきましょう。

 

Vラインを脱毛サロンで脱毛することのメリットって?

ガッツポーズする外国人

では、Vライン脱毛を自己処理ではなく専門の脱毛サロンやクリニックで行うことのメリットはどのようなことが挙げられるのでしょうか?

1.自己処理では絶対できないキレイなVラインを作れる!

Vラインを自分で脱毛をしようとすると、基本的には上から見て整えていく流れになりますよね。

鏡を見ながら処理しようとしても、左右が反転しているので、うまくデザインできないことも多々・・・。

 

一方、脱毛サロンやクリニックでは、経験豊富な専門スタッフによって脱毛してもらうことができるので、

とってもキレイで美しいデザインに仕上げることができるのです!

 

さらに、近年では「たまご型」、「オーバル」「ハイジニーナ」など、様々なVラインのデザインを楽しむ女性が日本でも

続々と増えています。

せっかく脱毛サロンやクリニックで脱毛するのなら、このような変わったデザインに仕上げてみるのも、楽しみの一つですよね!

 

2.埋没毛、黒ずみ、色素沈着を防げる

Vラインは、他の脱毛部位と比べても皮膚が薄く、その名の通り非常にデリケートなゾーンなんです。

何度もシェーバーで自己処理を行っていると、剃り残しから色素沈着(黒ずみ)を引き起こしたり、肌荒れの原因にもなります。

下着があたってこすれる足の付け根部分は、特に黒ずみを起こしやすい部位ですよね。

 

専門の脱毛サロンでVライン脱毛を行うと、毛根そのものが無くなり、毛穴がぐっと引きしまるので、黒ずみや肌荒れの改善にも期待できます。

 

3.蒸れにくくなり、生理中も衛生的に

Vラインの脱毛をすることで、アンダーヘアの見た目が美しくなり、ムダ毛を気にすることなく水着や下着を楽しむことができます。

しかし、VIO脱毛の最大のメリットを挙げるならば、デリケートゾーンが衛生的になること、これに尽きます!

アンダーヘアが多いと、汗や排泄物が毛に付着し、蒸れ、臭いの原因になってしまいます。

特に生理中は経血が付着してしまい、細菌が繁殖して、かゆみや蒸れが強くなってしまいます。

 

Vラインをスッキリさせることで、アンダーヘアの毛量そのものが減り、デリケートゾーンが常に清潔に保たれます。

これにより、今まで気になっていたかゆみや蒸れ、臭いはグッと軽減されることでしょう!

 

4.自己処理をする手間がなくなる

「急に海水浴に誘われた!」

「明日から温泉旅行なのにデリケートゾーンの処理を忘れてた!」

いきなりVラインが見えてしまう状況になった時、慌ててシェーバーを取り出し、自己処理をすることになりますよね。

でも、Vライン脱毛をしていれば、そんな時でも安心。

VIO脱毛は基本的には永久脱毛なので、普段から煩わしい自己処理をする必要のめんどくささから解放されることも大きなメリットといえるでしょう。

 

4.長期的に見れば、実は自己処理よりもコスパが良い

脱毛サロンやクリニックは、たしかに通っている最中にかかる費用は高額です。

しかし!これらの専門のエステやクリニックで行う脱毛は、「永久脱毛」。

つまり、サロンやクリニックでの脱毛効果は「一生もの」ですので、通った後は、脱毛回りでの費用が発生しないのです。

 

例えば、ミュゼの「ハイジニーナ7VIO脱毛コース」では、

6回コースで45,000円(公式アプリダウンロードが必要)です。

 

一方、自己処理をする為に必要な電気シェーバーやカミソリ、除毛クリームなどは、

500円~2,000円ほどで手に入りますが、20年~30年続けることを考えると、総費用は間違いなく45,000円を超えてくるはずです・・・。

 

自己処理にかかる手間・時間、肌荒れや黒ずみ、蒸れから解放されることを考えれば、長期的に見れば脱毛サロンに通った方がコストパフォーマンスが高いことがわかりますよね。

 

 

Vライン脱毛に関するさまざまなギモン6選!

疑問に思っている外人の画像

Vライン脱毛のメリットはよくわかったけど、やっぱりサロンやクリニックに行くのはいろいろとわからないことが多いし、

どれくらい痛いのか不安・・・。」

そんなあなたが、安心してVライン脱毛に通うことができるよう、Vライン脱毛についてのよくある質問と、

その答えを解説しましょう!

 

よくある疑問① Vライン脱毛に必要な期間と回数は?

医療脱毛 脱毛サロン
効果を感じ始める回数 5〜6回(1年) 12〜18回(23年)
ツルツルになる回数 10〜12回(約2年) 30〜36回(56年)

 

まず、VラインをはじめとしたVIO脱毛は、腕や足の脱毛と比べると、通う回数はかなり多いです。

これは、VIOの場合、

・毛根が深いためレーザー・光が届きにくい

・毛周期が他の部位より長い

 

といった理由が挙げられます。

また、脱毛サロンと医療脱毛クリニックで回数が大きく異なっていることも特徴ですよね。

これは、脱毛サロンでは光脱毛、医療クリニックではレーザー脱毛が主流になっており、レーザー脱毛の方がより脱毛効果が高いことが理由です。

 

ただ、医療脱毛クリニックのレーザー脱毛は

・痛みが強い

・脱毛サロンよりも高額

 

といったデメリットがあるので、どちらが良いかは、しっかりと比較する必要があるでしょう。

光脱毛とレーザー脱毛の違いを詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

 

よくある疑問② 脱毛前の自己処理は必要?

基本的に、脱毛前には自己処理をする必要があります。

光脱毛にせよ、レーザー脱毛にせよ、照射光がメラニン色素に反応し、その部分の毛根にダメージを与えることで脱毛をします。

その際、肌から毛が出てしまっていると、その毛のメラニン色素に反応してしまい、うまく脱毛ができなかったり、ヤケドの原因にもなってしまいます。

ですので、脱毛をする2日前を目安に、自己処理をしておきましょう。

 

Vライン全体を2㎝程度の長さにカットした上で、電気シェーバーを使って、脱毛したい箇所をシェービングしていきます。

シェービングが終わった後は、冷たく濡らしたタオルでシェービングした部分を冷やし、

保湿クリームを塗ってしっかりと保湿をしておきましょう。

 

脱毛前の自己処理方法については、こちらの記事に詳しく記載しているので、事前に確認しておきましょう!

 

よくある疑問③ Vライン脱毛ってどれくらい痛いの?

VIOは、「他の部位よりも皮膚が薄いのに毛が太い」為、あらゆる脱毛部位の中で一番痛い!と言われています。

Vラインの脱毛に関しても、痛みを伴うと言われていますが、どれほどの痛みを感じるかは個人差があります。

また、脱毛サロンか医療脱毛クリニックでも大きな違いがあり、脱毛サロンの光脱毛では、比較的痛みが少ないです。

一方、医療脱毛クリニックのレーザー脱毛は、脱毛効果が高い分痛みが強く、

「ゴムで弾かれるような痛み」を感じると言われています。

 

施術前の自己処理をしっかりと行うことで、痛みはある程度軽減されるので、

前述した、脱毛前の自己処理はしっかりと行うようにしましょう。

 

VIO脱毛の痛さに関する口コミや、軽減させる方法などはこちらの記事で詳しく紹介してますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

よくある疑問④ Vライン脱毛ってやっぱり恥ずかしい・・・

初めてVラインの脱毛をする方が一番不安に感じることと言えば、

「自分のVラインを施術スタッフに見られるのが恥ずかしい・・・」

ではないでしょうか。

 

たしかに、人前で自分のVラインを見せることなんてそうそうないですし、

「剛毛で笑われたらどうしよう」、「陰部のニオイが気にならないかな」、「濡れてしまったらどうしよう」など、

不安は尽きないと思います。

 

でも、エステやクリニックのスタッフは、今まで何百人、何千人のお客様のVIO脱毛をしてきています。

 

むしろ、剛毛やニオイを悩みとしてVIO脱毛をしているお客様が多いので、その悩みを解決できるよう、

サロンやクリニックのスタッフはしっかりとカウンセリングを行い、施術をしているんですよ!

 

Vラインの場合、施術時の体制も基本的には仰向けになっているだけなので、そこまで恥ずかしさを感じることはありません。

また、多くの方は、恥ずかしさを感じるのは最初の内だけ。通っている内に、すぐに慣れていきますよ。

 

こちらの記事に、Vライン脱毛の詳しい施術の流れや、

施術時、スタッフはお客様をどう見ているか?のインタビューなどをまとめていますので、

Vライン脱毛が恥ずかしくてなかなか行けないという方は、ぜひご覧になってみてくださいね。

 

よくある疑問⑤ 人気のVラインデザインって何?

Vラインのデザインイメージ画像

欧米ではVラインのデザインで個性を出すことはもはや当たり前で、様々なデザインのVラインを作っています。

まだ日本ではあまり馴染みはないですが、これらのデザインのうち、

ナチュラル・・・毛量を減らし、自然に形を整える

トライアングル・・・逆三角形に形と毛量を整える

ハイジニーナ・・・無毛

は日本人にも人気の形です。

特にハイジニーナは、最初は勇気がいるものの・・・蒸れやニオイが驚くほど気にならなくなり、

とても衛生的なので、最近では人気が高まりつつあります!

 

よくある疑問その⑥ 脱毛サロンと医療脱毛クリニック、どちらが良い?

脱毛をする上で、脱毛サロンと医療脱毛クリニック、どちらに通うべきかはしっかりと検討する必要があります。

下記に、脱毛サロンと医療脱毛の比較をまとめました。

脱毛サロンと医療脱毛の違い

ざっくりまとめると、

期間や回数はかかってもいいので、より低価格で、痛みが少ない方がいい・・・脱毛サロン

より短期間で、しっかりと脱毛したい・・・医療脱毛クリニック

 

といえるでしょう。

どちらも一長一短ですので、しっかりとそれぞれの特徴を把握して、あなたにあったVIO脱毛をしましょう!

 

Vラインをキレイに脱毛して人生をエンジョイしよう!

Vラインをもっとキレイにしたい・・・」

こんな悩みを抱えている女性は、決してあなただけではありません。

 

Vラインを始めとするVIO脱毛は、女性のエチケットとして常識になりつつありますが、

その一方で、まだまだハードルが高いと思っている方も多いようです。

 

ただ、Vライン脱毛をすれば日々の自己処理の煩わしさから解放され、蒸れにくくより衛生的になり、

黒ずみや肌荒れも改善されたりと、多くのメリットを感じることができるはずです!

 

少しでも興味や悩みを持っている方は、まずは、気軽に脱毛サロンや医療脱毛クリニックのカウンセリングを受けてみることをおすすめします。

海水浴や温泉、大事な彼との付き合いなど、Vラインを整えることで、あなたの人生はもっと明るくなるはずです!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事